初めてのペットショップその他ペットに関する情報満載です。「初めてのペットショップ」

初めてのペットショップ/ロゴ画像

 

ペットを飼う前に

ここではまず始めにペットを飼うにあたっての当然の予備知識や心掛けを記載しています。

まず始めに、あなたはペットを飼える自信はありますか?

単に「可愛い」だけでペットを飼うのは悪くはありませんが、それに伴う様々なデメリットを十分に把握しているかがペットを飼う上での大事なポイントとなります。

まずペットを飼うにあたり家族全員が賛成しているかが重要です。もし家族の中でペットを飼うことに反対しているのであれば、双方でしっかりと話し合った上でお互い不平不満が出ないような状況でペットを迎えてあげられるようにしましょう。

また、ペットを飼うと言うことは途中棄権はできません。一旦、犬に限らずに人に飼い慣らされたペットなどは野生に戻ることは難しいとされています。一度飼うと決めたということは「一生涯を供にして亡骸を葬るまで」と強く心構えてください。

近年では途中でペットをまるでおもちゃやゴミのように破棄する人々が増えており、大きな社会問題となっています。当然、ペットは生き物です。私達人間と共通する言葉がない分意思の疎通などは難しい点などあるかもしれませんが、しっかりと息もしてますし考えて行動もしていますし、寂しい・悲しい・嬉しいなど私達人間とまったく同様に感情もあります。様々なペットの惨状を目にしてきた私は、安易にペットを飼ってはまるでおもちゃやゴミのように破棄する人々を、同じ感情を持つ人間と思うことは難しいです。

流行が来ればその流行が廃る時も必ず来ます。以前ペットブームの時に小型犬が脚光を浴びたショップへ人だかりが出来たかと思えば、ブームも落ち着きしばらくして野生化した小型犬が急激に増えたとされています。このように流行が在れば需要が増え、流行が廃ればいらなくなったペットは破棄するという考えが恐ろしくもまかり通っているのが実情です。

ペットを飼うにあたって最寄りに動物病院があるか、ペットショップはあるか、清潔に飼うことが出来る環境下に在るかなども考慮した上で飼うように心掛けましょう。

ペットショップなどでは飼う際の注意点やその他必要な条件なども詳しく教えてくれますので、まずは最寄りのショップに気軽に相談すると良いでしょう。

ペットは家族の一員です。一度迎えると決めたからには、家族として日々温かく一緒に過ごして生きたいものですね。ホームページ上では総合的な代名詞としてどうしても連呼せざるを得ないのですが、私個人的には「ペット」という位置付けはあまり好みません。「ペット=飼う」ではなく「ペット=家族=共存」だと思います。一緒に笑って一緒に走って、たまには怒られるようなミスをするかもしれませんが、愛情を持って接することで双方の信頼関係は深くしっかりとしたものが出来上がり、欠けがえのない存在になるのではないかと考えます。

recommend

江東区で遺品整理を依頼する

最終更新日:2018/12/19