初めてのペットショップその他ペットに関する情報満載です。「初めてのペットショップ」

初めてのペットショップ/ロゴ画像

ペットショップの選び方

ここでは良いペットショップの選び方について記載しています。尚、当サイト内の情報は全て正当性及び正確性については保証できませんので、ご自身でも他サイトのペットショップ情報及び既にペットを飼っている知人などの近辺のペットショップの評判も考慮しながら比較しながら、良いペットショップの選び方をお使いください。

まず、良いペットショップとして第一に挙げられるのが清潔感があるペットショップだということです。これは今現在のペットショップにて販売されているペットの状態から推測することが出来ます。

わかりやすい点としては、現在ペットショップにて販売されているペットのハウス内が清潔であるかという点です。汚物や排泄物が溜まっていたり、餌が腐っていたり真水が著しく濁っていたりしている場合は、そのペットショップでの購入は控えた方がいいでしょう。今現在、大切に扱われていないペットが人の手に渡った途端に、今以上の清潔な環境を提供することができるペットショップとは考えにくいですから。

また、ワクチンの注射をしていない子犬などを気軽に抱かせたりするのは良くないペットショップの代表例ではないでしょうか。ワクチン未接種の子犬はウイルスやその他の外的な要因に非常に敏感であり、正式な購入者でもない不特定多数の人にむやみやたらに抱っこさせるのは危険な行為です。

本来ペットのことを本当に大事にしているのであれば、多少価格が上がろうともペットの今後のためにワクチンは早めに接種させておき、臆病で恐がりな子犬をむやみやたらに抱っこさせることはしません。

子犬の危険などをかえりみずに、実際に抱かせることによって、購入予定者の意志や母性を揺さぶっているのです。また、最近ではペットショップの血統書のねつ造(詳しくは血統書を複雑化させ本来の血統をかすませるような血統書)が頻発しており、ペットショップの見極めが大事なポイントとなってきます。

check

訳あり梅干しを探す

2018/12/19 更新